Through sleeve

片手でらく~に着れるシャツ
日常のちょっとしたストレスを軽減します。

画像

BRAND

ユニバーサルなデザインで「さらっと」を超えた着易さ!
Through sleeveは、着替えに不自由を感じる人も簡単に着られることを考えて作っていますので、着易い工夫がたくさんあります。

画像

Through sleeveとは?

スルースリーブシャツ=インクルーシブウェア

わたしたちは、様々な理由で「洋服の着にくさ」を感じる方の課題を解決することで
全ての人がファッションを楽しめる社会を実現します。
体が思うように動かずシャツを着ることが難しかった方が、簡単に着用出来ることで日々の着替えが改善します。
そうすると面倒だった【着替え】に対して【楽かも】というポジティブな感情が生まれ、
シャツを着ておしゃれをし楽しい気持ちを持ったまま家から外に一歩踏み出すきっかけになります。
また寝たきりの方も、ほかの方が介助することでより簡単にシャツを着てファッションを楽しむことが出来ます。

CONCEPT

このシャツを着てもらうあなたへ、
いつもの日常に1着分の優しさと幸せを贈ります。

【Through sleeve】(スルースリーブ)はひとりで簡単に着用出来るシャツでおしゃれを
楽しむための第一歩です。好きな色を選んで、自分のサイズにピッタリのものを購入可能です。

Image 1
Image 2

TRIGGER

プロダクトを作ろうと思ったきっかけ

洋服の着にくさを感じる人に
不自由なく気軽に着られる
楽しい服を。

画像

全ての人がファッションを楽しめる社会を実現してゆきます。
病気や障害で洋服の着替えに不自由を感じる人を幸せにしたい。

身体が思うように動かない人にとって『洋服を着る』という行為が想像以上に大変なと言う事を知り、着替えが難しいことで、ファッションを楽しむことを諦めてしまう人もいると聞きました。
実際に、障害をお持ちの方に聞いたところ、介護用の服は、着やすいかもしれないが着たくはない。
大き目のカットソーやジャージを着たいわけじゃない。
みんなと、同じ服が着たいんだ!きちんとした場に相応しい服、衿付きのシャツを着たいという声を聴きました。
しかし、思うように動かない腕で袖を通すと言う事は、とても難しいことと、自分の着替えで他人に迷惑を掛けたくないと思われる方もおられます。
我々は、袖の通しやすさと、自分で着る事が出来ることに着目しました。
そこで、袖を通すことに特化したシャツ“Throughsleeve(スルースリーブ)”を開発しました。

今まで洋服の着にくさを感じていた人が、着替えを容易に安全に行なうことにより、もう一度洋服を選び楽しみ着たいと言う願いをどうすれば叶えることが出来るのかを考え、様々な部分で改良を重ね、今回のプロダクトが誕生しました。

障害がある人が、着やすく工夫した服って、みんな着やすいよね!
着やすさの工夫と、おしゃれを楽しむために、もっとたくさんのデザインと色柄を増やしてゆき、障害の有無に関わらず、全ての人がファッションを楽しめるように洋服つくりを行なっています。

みんなが、着やすくて、素敵と思うことができるシャツに向かい作りこんでいます。

誰でも自由に気軽に
ファッションを楽しめる。

画像

ACTIVITY CONTENT

これまでの活動

2024
01月

日経スタアトピッチのファイナリストに選出されました。2月23日(金)に東京・日経ホールで行われます。

https://staatpitch.nikkei.co.jp/pdf/result_2023.pdf

2023
12月

山陰中央新報りびえーるの広告を出して、40名様スルースリーブプレゼントを企画しました。

*

高齢者住宅新聞で商品紹介してもらいました。

11月

社会福祉法人みずうみ あさひ乃苑の収穫祭で、スルースリーブ試着会を行ないました。

USER VOICE

お客さまの声

画像

祝部 英明さん

50代/男性

自分は右半身麻痺で日頃から簡単に着脱できるオシャレなシャツがあると良いのにと思ってました。このシャツ見た目は全く普通のシャツですが、ボタンではなく磁石で止とめることができ、自分でも簡単に着ることができます。腕を通す部分は広めになっていて着脱しやすいシャツでこれからが楽しみです。

[お客様の情報]

  • 脳梗塞後右半身麻痺の方
  • 現在、高次脳機能障害の方の
    コミュニティ 出雲 縁ingトークの会を運営。
画像

岡本光司さん

50代/男性

このシャツは自分で着る場合はワンサイズ大きい方が良いです。
しかし、着せてもらう場合にはちょうどのサイズが適しています。
普段はジャージを着用していることが多いのですが、きちんとした場所に出かける時には、このシャツを着るとピリッとした印象を与えることができ見た目も良くなります。
街中に出かけると人々に見てもらいたいという気持ちになります。
今後機会があれば、このスルースリーブのシャツを着て旅行に出かけたいと考えています。

[お客様の情報]

  • 脊髄性筋萎縮症

Iさん (京都府)

父の日のプレゼントに購入しました。ネイビーブルーの爽やかな色目の仕立ても美しいシャツが届きました。
まもなく90歳になる父は最近指先の細かな動きがしづらくなり、シャツのボタン留めも時間が掛かるようになってきました。
そんな時にスルースリーブシャツを知り自分でストレスなく着ることができると思いお願いしました。
実際、ボタン留めも楽で簡単に着ることが出来、しかも見た目にオシャレで高級感もありますから本人も気に入っています。
外出の機会も増えそうです。このシャツを考案され、販売された会社の皆さんのきめ細かな配慮に感謝しております。有難う御座いました。

Sさん (三重県)

何年も前から手がしびれて、服を着るのに苦労している父。ボタンのついたシャツは、母がボタンをはめています。
これを贈ったら、きっと喜ぶはず!!とクラウドファンディングで即支援。
そして本日、ようやく父に手渡すことができました。脇の部分が伸縮性がある生地になっていたり、袖口がゴムになっていたり、前のボタンがマグネットになっていたり。
そんな工夫のおかげで、父一人で難なく着用できました。おしゃれに無頓着な父ですが、とても嬉しそうでよかったです。
これ着てお出掛けしてね^^

画像

プロジェクトのアドバイスを頂いた
専門家からのコメント

実際に医療現場で作業療法士として働いていると多くの半身麻痺の方にお会いします。
そういった方々が社会復帰をする上で必要なことの一つに食事や更衣( 服の着脱)など「日常生活活動の自立」が挙がります。
その中でも特に更衣は自立が非常に難しいとこで知られています。このスルースリーブは今まで自分で着ることを諦めていた方々の「希望」になりうる商品だと感じています。この製品が必要な方々に適切に届いていくことを心から願っています。

元廣 惇

  • 博士(医学)認定作業療法士
  • 医療資格キャリアコンサルタント
  • 株式会社Canvas 代表取締役
  • 国立大学法人島根大学 研究・学術情報本部地域包括ケア
  • 教育研究センターCoHRE(The Center for Community-based Healthcare Research and Edcation)客員研究員
画像

IMPRESSIONS

予期なく訪れる病気や障害、着用される方の笑顔は、
家族の喜びとなります。

今までおしゃれで楽しく着ることができていた洋服が、病気や障害になった瞬間、一瞬にして奪われてしまいます。
そうなった方が「こんな姿を見られたくない」「こんな服で外に行きたくない」と感じる方は多いと思います。
私はスルースリーブのシャツを通してもう一度、洋服を選んで買えると言う楽しみと喜びを提供してゆきます。

きちんとした場には、衿付きのきちんとした洋服を着たいと言う願い。
そして、シャツを着て前向きな気持ちでお出かけしたり、友達やパートナーに会いに行ってもらいたいと思います。

洋服の着替えで他人に迷惑を掛けたくないと思われる方も多く、自分で着替えるという喜びと洋服を楽しめることで、ファッションを楽しむ事が出来ます。
本人の喜びは、ご家族ご友人の方も嬉しくなると思います。

今後も病気や障害で起こる洋服を着る事の問題を軽減する方法を開発することに取り組んでゆきますので、よろしくお願いします。